二本松

東京からちょっと行けば四季の街

東京から列車で2時間ちょっと、車でも3時間ちょっとで行ける二本松には、四季折々に楽しめるコンテンツがたくさん。まだ知らない日本の魅力を見つけに遊びに来ませんか。

二本松
Introduction Movie

<知る>
歴史・文化

戊辰戦争時、旧幕府軍(東軍)の要衝と位置づけられていた二本松城は、その戦火に巻き込まれた。
現在は、二本松城跡(県立霞ヶ城公園)として整備され、日本百名城に数えられている。公園内には桜、あじさい、紅葉などの植物や、史跡・名勝が数多くあり、四季折々に訪れる人を楽しませてくれる。毎年10月~11月の期間中には、公園内で東北最大級の菊の祭典「二本松の菊人形」を開催。

<遊ぶ>
観光

・春は桜色の街として、市内に数多くある桜の名所が、訪れる人の心を優しく癒してくれる。
・日本百名山の一つ安達太良山(標高1,700m)。奥岳登山口からはロープウェイが運行しており、夏山登山、紅葉狩りにとても便利。冬にはスキーを楽しめる。
・安達太良山の麓にある岳温泉は、全国にある天然湧泉の中で、さらに珍しい「酸性泉」。肌に優しく、高い美容効果でも知られている。
・毎年10月第1土・日・月に開催される二本松の提灯祭り。7台の太鼓台の競演が、二本松の夜を熱く、そして綺麗に彩る。

<食べる・買う>
飲食・お土産

市内の道の駅(道の駅安達智恵子の里、道の駅さくらの郷、道の駅ふくしま東和)には、地元ならではの食事やお土産品を取り扱っている。
道の駅安達智恵子の里では、二本松市の郷土料理「ざくざく」を提供し、市内4つの蔵元(奥の松酒造、大七酒造、檜物屋酒造、人気酒造)の日本酒を販売している。
4つの蔵元では、安達太良山を源にする水と美味しい米を原料として造っており、それぞれの酒蔵を見学できる。(要予約)

アクセス紹介

東北新幹線
東京駅 ← 約1時間20分 → 郡山駅
福島駅 ← 約20分 → 郡山駅
仙台駅 ← 約40分 → 郡山駅
盛岡駅 ← 約2時間20分 → 郡山駅
東北本線
福島駅 ← 約1時間 → 郡山駅
白河駅 ← 約40分 → 郡山駅
二本松 ← 約30分 → 郡山駅
水郡線
水戸駅 ← 約3時間20分 → 郡山駅
磐越西線
会津若松駅 ← 約1時間15分 → 郡山駅
磐越東線
いわき駅 ← 約1時間40分 → 郡山駅
東北自動車道
浦和IC ← 約2時間30分 → 郡山駅
仙台南IC ← 約1時間30分 → 郡山駅
郡山IC ← 約20分 → 二本松IC
磐越自動車道
新潟中央IC ← 約2時間30分 → 郡山駅
いわきIC ← 約1時間30分 → 郡山駅
郡山駅 ← 約40分 → 二本松